明日はきっと大天才☆それゆけバカ丸大統領!

日々のサイト運営について綴っています。

カジュアルな革靴と言えばDr.Martens(ドクターマーチン)ですよね。

最近楽天でマーチンを買いました。黒の3ホール。マーチンの中でも誰もが履いているド定番のやつです。

定価だと2万3千円で、リアル店舗とかZOZOTOWNだとかだとちょい安めで2万円くらいで売られているんですが、何故か楽天のショップだとそれよりもかなり安く購入できるんですよね。1万円で売っているところもあったり。破格の安さです。

楽天スマホに乗り換えたことで楽天ポイントを1万3千円分もらえたので、楽天市場で1万3千円で売ってるマーチンを買いました。でもこれ本物なのか?まがい物なんじゃないか?という不安な気持ちとともに買いました。

いざ実物が家に届くと本物でした。一安心。でもなんで楽天ってドクターマーチンが半値近くの値段で売っているお店が多いんでしょうか。ネット情報によるとドクターマーチンは仕入れ値がかなり安いとのことですが、どうなんでしょうね。自分は物販はせどりはやったことがありますが、正規メーカーから仕入れたことがないのでその辺のことは感覚的にも全くわからないです。

安いけど偽物なんじゃないか?だったらゾゾタウンで買った方が安全かなあと思ってゾゾで買いそうになっていたんですが、楽天ポイントで買えるならまあ失敗でもいいかという気持ちで思い切って買ったんです。結果として本物だったからよかったけど、物を買う上で信頼って本当に大事なことだなあと実感した出来事でした。


2か月ほど前に9千円のタブレットをAmazonで買いました。激安なのにレビューの評判もべらぼうに良い。これは掘り出し物だと即ポチしていざ届いた商品は中国製の糞タブレット。重量もひどく重いし、メモリが2gbに満たなく動作が異常に重い。騙されました。サクラによる高評価レビューだったのです。購入してしまった後にAmazonの詐欺商品を見極めるサイト「サクラチェッカー」にて当該の商品を調べてみると、なんとサクラ率95%。。

これからはAmazonでガジェットを含む電化製品を購入するのは控えようと決心し、今日はビックカメラやヨドバシカメラの通販サイトで改めてタブレットをチェックしてみました。

でも自分はタブレットのことが感覚的に全然わからないので、実物を見て決めた方がいいだろうと近くのヨドバシカメラへ。580gは重いけど、480gなら軽いんだとわかりました。でも実店舗は品揃えが悪く。iPadなど超売れ筋商品はもちろん並べられていますが、Android系があまり置いてありませんでした。Androidの方が安いのでそっちを買いたい。

その後ユニクロとGUに行ったんですが、めちゃくちゃ混んでいてレジには長蛇の列。並ぶ気にならなくて持っていた商品を全て棚に戻しました。ネットで買います。

もうリアル店舗にはあまり行きたくない。品揃えも悪いし人も多いから無駄な時間が多い。通販が至高だ。とはいえAmazonでは買いたくない。信頼できないから。多少割高になろうと、信頼できる会社の通販サイトで購入したい。


最近ちょっと高めの買い物をいくつかする中でそんなこと思いました。値段よりも信頼の方が大事だなと。そりゃ安ければ安い方がありがたいけど。。


エロサイトでさえそうだと思うんですよね。このサイトって釣り記事ばっかりだからもう見るのやめよう……と学生時代はかなり思っていました。

自分はエログ運営者ですが、釣り記事を書いたことって一度もないです。自分がそうゆう記事が嫌いだから。今日はコメントで「いいサイト」だと褒めてもらえたんですが、凄くすごくうれしかったです。ちゃんとやってきてよかった。


短期間で一気に売り上げを上げる!とかだと、お客さんを騙しがちに売ってしまえばいいんでしょうけど、長くやっていこうと思ったら人を騙すようなことはしちゃいけないんでしょう。

商売とは信頼が全てだ!と思った最近の日々でございました。

※追記
結局iPadを買いました。4万円弱して高かったけど、もう失敗したくない。。

ここ1週間、あまり仕事しないで好きなサイトをつくっていました。

https://cosppi.net/

1日700UU、5,000PVくらいのサイトでほとんど売上はないんですが、お金に関わらずこういったすきなWebサービスを作るだけで生きていけたら本当に幸せです。



あっちゃんによると、1億円分投資している人は年間400万円以内で生きていけば元本を減らさずにずっと生きていけるらしいです。

自分の場合、まず1億円もお金を貯める前に人生が終わってしまうと思うので死ぬまで働いて生きていかないと無理ですね。働きたくない。

とはいえ株をやったりするのも楽しそうだから来年からはちょっとずつチャレンジしてみたいですね。株で月に5万円くらい利益が出る、みたいなところを目指していきたいです。

Twitterで画像を投稿すると、拡大前の画像はトリミング(切り取られる)されます。

だから本来見せたい部分以外がサムネイルになってしまうので、それによって興味を持たれずにツイートを見てくれない率が高まってしまいます。

そんな悩みを解決してくれるアプリがこれ↓



この「下書きメモ for Twitter」では、拡大前の画像のトリミングサイズに画像をトリミングしてしまうことができるから、拡大前でも拡大後の画像と同じように閲覧できるようにしてくれる優れもの。

このアプリの開発者であるtakashiさんは、以下のツイートを見てこのアプリを発案したとのことです。


Twitterでは投稿画像の枚数によってトリミングの比率が変わる仕様ですが、それぞれの比率を教えてくれているツイートが9月1日にバズりました。

takashiさんはその約1か月半後にはこのアプリを早くもリリース。アプリを公開したことをツイートすると話題になって大手メディアにも取材されるほどに。

Twitterでバズっていたことを元に新アプリを開発したことで、リリース後すぐに大ウケ。商売的にも大成功。

質がいいものを作り続けていても客は後から付いてこない

これを見て自分が感じたのは、商売というのは質がいいものを提供するだけじゃなくて、みんなが今このとき興味を持っていることを取り扱っていかないと上手くいかないんだということでした。

自分はアフィリエイターですが、商売人というより職人気質で、記事を書くよりプログラミングで新たなWebサービスを作る方が好きというタイプです。

職人気質だから、「質がいいものを作っていれば後から客は付いてくる」という考えです。

でも最近、商売においてその考えは間違っていると思うようになってきました。

とにかく質がいいものを作っていればそれでいいんじゃないかと4年くらい考えてきて、その考えでたまたま2つの媒体がバズったので(1つは肉感美ガール)4年間食えてきました。でも普通の商売ってそうゆうことじゃないんだろうなあと。その二つの媒体以外はうまく行っていないことや、他人がうまく行ってる事例を見てもそう思うようになってきました。

質が良ければオールOK!!っていう考えは、商売人じゃなくて職人そのものです。職人というのは商売人が売ってくれるから金が稼げるわけで、商売人は職人が質がいいものを作ってくれるから金が稼げるわけです。でも俺はそれを1人で両方やらないといけない。職人的な部分も確かに必要だけど、まず最初に商売人でなければどれだけ質がよかろうと物は売れません。

俺は職人的な考えが強いからプログラミングを熱心に勉強しました。1年間の半分はプログラミングの勉強。1日14時間。普通のアフィリエイターはプログラミングなんてそこまで一生懸命やらないはずです。それをやらなくても稼げる道で生きているからでしょう。プログラミングができないとこの先絶対ダメだ!という考えになってしまった時点で、そもそも考え方が間違っていたんだと思います。

でも、自分の性格的にそうゆう考えになってしまうのは仕方がなかったとも思います。

Twitterを見ていても、アフィリエイターだとかマーケッターだとかを名乗っている人たちよりも、個人開発でアプリ作ってますという人のツイートの方が共感してしまいます。多分性格的にも後者の人たちの方が合うんですよね。

自分は子供の頃から極度に内向的なので、世間で流行っていることだとか興味が薄いです。その代わり自分が好きなことだとか興味があることにはとことん熱中できます。だからプログラミングもこれだけ集中して取り組めたわけです。

考え方を変えなきゃいけません。今まではビギナーズラックでたまたま運がよくウケてきました。

これからは、「まず店に質がいいものを並べて、それからなるべくたくさん人が来るお店にしていこう」ではなくて、「なるべくたくさんの人が興味を抱くネタを仕入れて、そのネタをなるべく質の良い記事にできるように頑張ろう」という考え方にしないといけません。

今までは順序が逆でした。

個人開発でアプリを作っている人を見ていると、天才か?!と思うほど質が高いアプリを作っているけど全然稼げていない人がいっぱいいます。そうゆう人は多分今までの俺と同じ考えでアプリを作ってきたんだと思います。

でも売れるアプリをつくろうと思ったら違うんですよね。みんなが今のこの瞬間に興味を持っているネタで、なるべく質が高いものを作ろうという考えでやらないと。takashiさんはそれで成功しているわけです。

ナキニーの高機能AV検索くんにて、素人作品にも出演が1人の場合はカテゴリに「単体作品」を追加しました。

FANZAでは最初から名義がある作品には、出演が1人の場合にはもちろん単体作品というカテゴリが付いていますが、素人系AVだと複数人でなくても単体作品とされていないので付けてみました。

AV業界の人からすると、単体作品というのは女優名を出している作品で1人で出演しているということが売れてる女優である証拠であったり、ステータスであったりと、そういったことを表すために「単体作品」と定義づけているところもあるかもしれません。

でもお客さん側からしてみると、ただ単純に複数人じゃなくて1人で出演している作品を探したくて「単体作品」を調べたいですよね。少し便利になったかと思います。

ナキニーでベストな画像遅延を実装しました。

WordPressにてCocoonというブログテンプレートを利用しています。このブログテンプレートには画像読み込み遅延プラグインである「Lazy Load」がデフォルトで付いていてとても便利でした。

しかし、WordPress5.5から、ワードプレス側がデフォルトで「Lazy Load」機能を追加するようになったことから、Cocoonではワードプレス側のLazy Loadを優先するような設定に変わってしまいました。

ワードプレスとCocoonのLazy Loadの設定は微妙に違っていて、ワードプレス側のそれだと自分の運営サイトの画像はほとんど読み込み遅延ができません。

しかも、プラグインの「Lazy Load」もWordPressと同じような設定なので効かないんです。

調べても代わりになるようなプラグラインが見つからなかったので、画像の遅延読み込み機能を自作することにしました。

▼以下のページを参考に、JavaScriptの「Intersection Observer API」を利用して、画像の遅延読み込みを再現することができました。


しかし、この「Intersection Observer API」は現在はまだ一部のブラウザにしか対応していない新しいAPIで、IEやiPhoneでは対応しておらず、画像が表示されず真っ白なままになってしまうのです。

それを回避するためには、実行したいJavaScriptの直前に「<script src="https://polyfill.io/v2/polyfill.min.js?features=IntersectionObserver"></script>」を追加すると、非対応ブラウザでもしっかり表示されるようになります。

ただ、IEは普通に昔から使うようなJavaScriptのコードも効かない場合があり、それを使ってしまっていると以上のJava Scriptファイルを読み込ませても動きません。

これを実装する上で、他のサイトの記事もたくさん参考にしたんですけど、IEでもうまく動いたのはこのページのものだけでしたね。自分では何が悪いのかわからないのでコピペです。

JavaScriptは全然わからないので、事前にドットインストールにて4時間かけて基礎から勉強したんですが、結局自分ではよくわからなくてコピペに落ち着きました。意味ねえなあ。

コードを教えてくれる人は本当にありがたいですよね。誠にありがとうございました。

ただ自分が実装した実際のコードは、自分のサイト用に微妙に変化させたので、もし上記のページを見ただけではうまく行かない人がいたら私のサイトを参考にしてみてください。cssやJavaScriptはPHPファイルと違ってページのソースを見れば丸見えですからね。

やっぱり毎日最低2記事は更新しないとなあというのがあるんですが、違うんじゃないかなという気がしてきました。面白くないもないし、誰も検索してこないような記事を投稿してても本当に誰もアクセスしてこないんですよね。

考え方を変えた方がいいんじゃないかと。とにかく集客に強い記事を、本当に辛い思いをして時間を掛けて、1記事を仕上げるというのを続けたら一体どうなるのか?

それを実験してみたいなあと思います。自分が勝手に決めた1日の更新数をクリアするために、テキトーに書いたお手軽記事を投稿するより、そっちの方がいい気がしますよね。

来年は集客について修行する年にしたいと思っています。でも嫌だなあ、こけたら。1年間全てウケずに終わったら本当に辛いなあ。もう若くもないんでね、どんどん前に進みたいです。

ナキニーが全然アクセス来ないんですよね。検索流入が1日に130前後しかない始末。まいったなあという感じです。

1か月前から「厳選エロ画像」というのを新たなコンテンツを始めました。サイトに来てくれた人は結構見てくれるんですが、検索エンジンに全くシカトされている感じです。

もうナキニーは2年以上運営しています。ただ1年半以上放置してきて、ここ3か月くらいで手を入れ始めた感じですが、とはいえもうちょっと反応があってもいいんじゃないかと。


厳選エロ画像で、いい記事書けたなあというので、こうゆうのがあります。

固定バイブエロ画像289枚 パンツでバイブ固定されて逝かされまくるM女集めてみた

固定バイブって知ってますか?マンコにバイブを突っ込んだ状態でパンティーを穿かせて固定するというSMプレイです。

これは需要があるのにまだそんなに供給がない画像まとめ記事なんじゃないだろうかと思っていたんですが、昨日「固定バイブエロ画像」で検索してみたらめちゃくちゃあるんですよね。


koteibaibu


色んなエロサイトが固定バイブのエロ画像記事を作ってました。知らなかったなあ。結構いい線ついてると思っていたら。

というようにですね、我がサイトの厳選エロ画像にて投稿している記事のほとんどは既にいろんなサイトが手を出している記事だったんですね。

他のエロサイトを参考にしながらやろうと思うと、どうしても老舗サイトばかり出てきます。老舗サイトはGoogleに気に入られてるわけですから、ビッグワードで記事を書いても上位表示されるんですが、ナキニーみたいにこれまでウケてこなかった弱小サイトがビッグワードで記事を書いてても難しいみたいです。

どうしたもんかなと。俺はサイト内の質を上げたりするのは得意なんですけど、どうすれば集客が上手く行くのかは全然わからないんですよね。

ただ、今までの経験上、アクセスが一番集まるのはまとめ記事ですね。たとえば「2020年にAVデビューした元芸能人まとめ」とか「2020年巨乳どころではない爆乳新人グラドルまとめ」とか、そうゆう感じの記事です。

厳選エロ画像で「美人フェラ画像274枚 顔だけでシコれる美少女や美人のフェラチオ集めてみた」というのがあるんですが、当然誰もアクセスして来ません。

今までの経験を踏まえ、「美人のフェラ」というネタで記事を作るのであれば、「【2020年版】フェラ顔が異常に抜ける超美人AV女優まとめ」という方がアクセスは伸びるんだろうなと。


そもそもみんな、AV画像で抜きたい!と思って検索しないですよね。動画があるわけだし。アイドルとか女優がグラビア写真を出したときは画像を見たいと思って積極的に検索するのはわかるんですけどね。「美人のフェラ」が見たいと思った時は、普通は画像じゃなくて動画を知りたいはずなんです。画像派も少なからず存在しているでしょうけど。

でももちろん無料エロ動画を紹介するのはできないんで、作品の紹介だったり、AV女優の紹介しかできません。画像ではなく、情報をまとめるというところで記事を作っていった方がまだ勝算があるんでしょうねえ。

厳選エロ画像もいざ見たら結構いいんですよ。でもじゃあわざわざ検索しようと思うネタか?と言われると違う。老舗サイトだったらまだいいのかもしれないけど、少なくとも弱小サイトがコンテンツを増やしていこうというときに最初に手を出す記事ではない、と昨日から思い始めた次第です。

これからは何か書きたいネタがあったときに、そのネタをどういった記事に仕立てあげれば一番検索流入が増えるだろう?と考えて記事を作っていきたいと思います。

そうゆう意識がなかったですね。美人のフェラ画像を質のいいものだけ並べたら凄くいい記事になるよな!という考えしかありませんでした。でもよく考えたらすでに美人のフェラ画像なんて多くのサイトが記事を書いているし、画像よりも動画の方が需要あるに決まってるしという。

今まで本当に検索流入が多い記事を書かなきゃという意識が希薄だったと思います。今まで一体何してたんだろうと落ち込みました。

以前に「【○○年版】AVデビューした元芸能人まとめ」みたいな記事を書いていたときも、これは検索流入が多そうだ!と期待して書いたわけじゃなくて、自分がなんとなく面白そうな記事になりそうだなあと思って試しに書いていただけなんですよね。それで後から結果を見た時に、そういえばこうゆうタイプの記事って検索流入多いなあと気づいていたけど、サイトというのは質が全てだ!という考えでいたからあまり気にしていませんでした。

今までサイトの質がよければアクセスは自ずと上がり始める!という考えで何年もやっていました。その考えでたまたまウケちゃったのが肉感美ガールです。そうゆう考えだったからプログラミングも一生懸命勉強したし、たくさんの時間を使ってきました。でも普通は質だけではダメなんだろなあと思い始めてます。また明日から新たなやり方でコツコツ始めていこうと思います。

でも、質派の人がアクセス派の思想を取り入れたら、かなりいいサイトになるんでは?という期待もあります。サイトの質に関しては相当に磨いてきました。これに関してだけはエロサイトの中でもトップ層に入るんじゃないかと思います。来年はアクセスを伸ばすための修行の年になるでしょう。

でもよく言いますよね。「いいものを作っていれば自ずと客は増えてくる!というのは間違っている」って。まさにそれでしたね。違うのかもしれないですね。一応4年間アフィリエイトで食えてきましたけど、4年間ずっと間違えたのかなあという気持ちです。馬鹿だなあっていう。なんですぐわからないんだろうなっていう。商売の基本すらも分かってなかったんだなあと。難しいもんですね。自信なくします。ナキニーがウケるようになるまでは死にたくないですね。

元々自分は就職したこともないフリーターで、俺は世の中で何にもできないんだなあというコンプレックスを解消したくてネットでお金を稼いでみることにしました。だからお金が欲しくてやってるというより、といってもお金はもちろん欲しいんですけど、でも自分が世の中に通用する人間なのか?!ということを知りたくてずっとやってきています。それが全ての原動力です。エロサイトに手を出したのも、自分は学がなく、一般サイトなんて難しくてできないと思ったからでした。

と自分を分析してみると、だからアクセスよりも質にこだわってきたのかなあと。でもこのままでは上手く行かなそうなので、色々と変わっていきたいと思います。

1年前から何故か時々データベースエラーが出るファイルが。同じコードで書いてる他のファイルはcronの実行時間が違うだけでエラーが起きない。既にどちらもコードは修正済み。

ということは俺にデータベースやサーバーの知識が不足しているからだ。やはりプログラマはプログラミング以外のことには弱い。気合い入れていつか勉強するぞ!と1年後の今日。エラーが出る方のファイルはコードを修正してませんでした。

いやあ、あるんですなあこんなこと。まさか1年間もちょっとしたミスでこんなことになってしまうとは。やっぱり独学だとマヌケな部分があってダメですね。そういえばこないだも2年間くらい知らなかった超基本的なことを突然知ったんです。え?!嘘だろ!!!これやっておかなきゃ絶対ダメな奴じゃん!!!!と。あまりに衝撃で相当に面食らいましたよ。


でも何を知ったんだっけな。


ちょっと忘れてしまいました。



シンプルにアホなだけかもしれません。

そういえば家で酒飲んでるときトイレに行くのが面倒で空き缶におしっこするようになってから急激に頭が悪くなってきた気がします。

Twitterの特定アカウントのリツイートだけを取得する仕組みを作りました。

今まで新たなエロ垢を知るために、様々なエロ垢の投稿を日夜リツイートしているアカウントをフォローしていました。しかし、フォロー数が増えてくるとタイムラインがボリューミーになりすぎてしまって、なかなかチェックするのも大変に。タイムラインを遡ってもMAXで半日くらいまでしか見れないほどに数が増えすぎてしまったのです。

そもそもリツイートの内容に期待してフォローしているアカウントは、そのアカウントがつぶやくことには興味がないので、それがノイズになっているという問題もありました。なんだか精神衛生的によろしくないことをつぶやく人もいるんです。エロ屋はメンヘラが多いですからね。メンヘラと呼ばれる人は心根がいいから悩んでしまうんでしょう。でも毎回病みツイートを見てると自分も気分が落ち込んできます。。

そこで、Twitterの特定アカウントのリツイートだけを取得するコードを書いて、自サイト内でリツイートされたツイートだけが集まるページをつくりました。これでTwitterでフォローしていた当該のアカウントはリムーブ。随分とタイムラインがすっきり!

調べたところ、指定したアカウントのリツイートだけを表示するWebサービスがあったので使ってみたんですが、データベースに保存してくれるわけではなく、調べた際に直近のリツイートだけを表示してくれるだけのサービスでした。使い勝手が悪かったので自分で作ってみました。

こうゆうサービスは自分だけが使うんじゃなくて、いつの日かサイト運営者が使いやすい業務改善サービスとして公開できたらいいなあと思います。販売とかもできたらいいなあ。

今日はナキニーで新たな実装を2点行いました。

AV女優画像検索くんを含む各コンテンツ内のCLS対策
高機能AV検索くんにてセール作品の検索を可能に。

今日はエキシビションマッチだとのことで、好きなことをしようと朝からコードを書くことに。記事を書かない日というのはこんなにも気持ちが楽なのかと実感しますね。記事書くの本当につまらんですよ。

でも結局朝5時からやりはじめて、終わったのが夜の7時とかだったんで、全然余暇という感じはしなかったですね。昼の12時くらいからイライラがどんどん高まって、また画面に向かって殺害予告をしてしまいました。なんでできねえんだよ!!!!!殺すぞ!!!!!!!!!!!!!

まあでも、それはやり過ぎだから疲れてイライラしてしまうのであって、やっぱりプログラミングって楽しいなあと改めて感じた日でした。疲れるとイライラしてくるけど暗い気持ちにはならないというか。記事って書いてるとどんどん気持ちが抑鬱的になっていくんですよね。心底嫌いなんでしょうね。まあこんなに嫌だ嫌だ言うのもなんだか可哀想になってきますが……。

このページのトップヘ